中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1・5リットルのみ ・・・「ここ一番」踏ん張ってもらうには、物資補給路の確保が大前提

東電「決死隊」1日2食の劣悪環境 一時は水も1.5リットルのみ
(MSN 3/28付)

東京電力福島第1原発事故の収束に向けて、放射線量の高い現場で命がけの作業を続けている同社と協力会社の社員が、1日に「非常食2食」しか摂取できないという劣悪な環境に置かれていることが28日、分かった。原子力安全・保安院の横田一磨統括原子力保安検査官が福島県災害対策本部で会見し、明らかにした。

横田氏は作業状況などの確認のため、22~26日に福島第1原発を視察。現場では新たな水、食糧などが入手困難な状況で、一時は1日あたり1人に提供される水の量は「1.5リットル入りペットボトル1本」だったという。

水に関しては、その後改善されたが、食事は朝、夜の1日2食で、朝食は非常用ビスケットと小さなパック入り野菜ジュース1本、夕食は「マジックライス」と呼ばれる温かい非常用ご飯1パックと、サバや鶏肉などの缶詰1つだけだという。

マジックライスは「ワカメ」「ゴボウ」「キノコ」「ドライカレー」の4種類から選べるという。

こうした待遇は、東電社員と協力会社社員とも一緒で、東電幹部も同じものを食べているという。

横田氏は「協力したいが基本的には事業者(東電)の問題。大変厳しい環境で作業に必要なエネルギーを得られていないと思う」と話した。

作業員は常時約400人。「約1週間おきに交代していると思われる」(横田氏)が、作業時以外は、原子炉建屋から数百メートル離れた「免震棟」と呼ばれる建物を拠点にしている。

下着など衣服も不十分で「着替えも難しい」(同)ほか、免震棟内は暖房が入っているとはいえ、夜間は毛布1枚づつしか与えられず、底冷えする中で眠っているという。

さらに、現地は基地局の倒壊などで、衛星回線を除き、固定、携帯電話ともつながらない状況。「作業員らは家族との連絡手段も断たれている」(同)。トイレの水は確保されているが、「手洗いに水が使えず、洗浄用アルコールを用いている」(同)という。

こうした環境の中、作業員からは愚痴などが聞かれるものの、作業の拒否などには至っていないという。

ただ、発電所内はテレビを全局見ることができ、24日に3人が被曝した事故のニュースでは、現場の放射線量の高さに衝撃を受ける作業員も多かったという。

横田氏は自身が5日間の現地確認中に受けた放射線量は計883マイクロシーベルトだったとし、胸部レントゲン約15回分の放射線量にあたる。

横田氏は「福島第2原発の作業員を第1に投入し、交代を促す」など、第1原発の作業員の過労や、被曝防止の対応が必要との認識を強調した。

・・・「ここ一番」踏ん張ってもらうには、物資補給路の確保が大前提
一体、どうして、このような事態になるのでしょうか?

いま福島第一原発で踏みとどまっている方々は、同原発を安全な状態に持っていく最前線で働いている方々。その任務は重大なものであり、作業中のミスをなくすためにも、頭も身体も万全な状態で臨まなければならないはずです。

ということは、それ相応の待遇というものがあるはずです。一日三度の飯はしっかり食べられる、「体力回復も仕事の内」と日に8時間はきちんと布団で寝てもらう、入浴までは無理でもシャワーで汗を流すぐらいの湯を確保する。日本国の安全のために闘っている方々には、このぐらいの待遇が保障されても良いのではないでしょうか。

“決死隊”と言えば聞こえはよいかもしれませんが、その実、重大かつ過酷な任務に放り込んでいるだけ。これは「福島第一原発の復旧任務に『運営管理』は存在しない」と評価せざるを得ず、管理職クラスのポストにいる人間が仕事をしていないと言わざるを得ません。

管理職の仕事とは、現場の査定は二の次。現場をより良い環境に改善して、現場の人間が100%の力を発揮できるようにすることが第一であるはずです。「ライスを1パックにサバ缶1個で働け」など、「どこの強制収容所?」という職場環境ではありませんか。

原発における放射性物質漏洩問題の解決に当てているということは、最精鋭の人材を結集しているはずですよね?
ならば、最精鋭の人材として接することが出来る環境を整えましょう。戦争において前線を維持するための最重要課題が兵站確保であるように、放射性物質漏洩の最前線で闘っている方々へ充分な物資が補給されるよう、補給経路を拡充する必要があると考えます。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。