中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電 当面の収束に半年~9か月 ・・・今度こそ、工程通りに事故をおさめて欲しい

東電 当面の収束に半年~9か月
(NHK 4/17付)

深刻な事態からの復旧を目指している福島第一原子力発電所について、東京電力は17日午後記者会見し、今後6か月から9か月程度を目標に、核燃料を100度以下に冷やして原発を安定化させ、放射性物質の外部への放出を抑えるという事故の収束に向けた工程表を発表しました。

事故の収束に向けた工程表は、国が東京電力に対し見通しを示すよう指示していたもので、東京電力が17日午後3時から記者会見して発表しました。それによりますと、工程表は、「原子炉と使用済み燃料プールの冷却」、「放射性物質の放出の抑制」、それに「周辺環境のモニタリング」の3つの分野について、収束の道筋を達成する目標時期を2つのステップに分けて示しています。

「ステップ1」が、今後3か月程度を目標に、周辺地域の放射線量が着実に減少傾向になっていること、「ステップ2」が、今後6か月から9か月程度を目標に放射性物質の放出を管理し、周辺地域の放射線量が大幅に抑えられている状態を実現するとしています。これらの目標達成時期は現時点での目安で、具体的な見通しが立ちしだい、改めて公表するとしています。

具体的に見てみますと、まず「原子炉の冷却」については、水素爆発を防ぐ対策を進めながら、ステップ1として、1号機と3号機では原子炉を覆う格納容器を原子炉の核燃料がある部分まで水で満たすとしています。そして、施設にたまった汚染水を浄化して再び原子炉に戻し、熱交換器と呼ばれる設備を設置して原子炉の熱を取り除く機能を回復させ、原子炉を安定的に冷却するとしています。
一方、格納容器の一部が水素爆発で損傷している2号機については、原子炉への水の注入量を最小限に抑えながら冷却し、まずは損傷箇所を修復することを検討するとしています。ただ、この作業は長期化するおそれもあるということです。

そのうえで、ステップ2として、今後6か月から9か月程度を目標に、核燃料を100度以下にする「冷温停止状態」にするとしています。また、使用済み燃料プールの冷却では熱交換器を設置し、ステップ2でより安定的に冷却できるようにするとしています。

「放射性物質の放出の抑制」については、ステップ1として、原子炉建屋を特殊なフィルターなどが備えられた巨大なカバーで覆う作業に着手するとしています。また、施設内にたまっている汚染水を保管する場所を複数確保し、水を処理する施設を設置して、高濃度の放射性物質を取り除いたうえでタンクに保管するとしています。

そのうえで、ステップ2として原子炉建屋を覆うカバーの設置を完了させ、放射性物質の外部への放出を管理するとしています。

さらに、「周辺環境のモニタリング」については、ステップ1で、計画的避難区域や緊急時避難準備区域などでも実施し、モニタリングを拡充させて正確な情報を提供するとともに、ステップ2で、家屋や土壌などに付着した放射性物質を取り除く除染作業などを行い、これらの区域の放射線量を十分に低減させるとしています。

一方、ステップ2以降の中期的な道筋については、損傷した核燃料の取り出しや、放射性物質の放出を抑えるため、原子炉建屋全体をコンクリートの壁などで取り囲むことなどを検討課題に挙げましたが、「明確なことをいうのは難しい」として、具体的な時期などは明らかにしませんでした。

東京電力の勝俣恒久会長は、記者会見で「避難や屋内退避をされている方々に不便をかけ、社会の皆さんに心配をかけ、心より深くおわび申し上げる」と改めて謝罪したうえで「当面の取り組みは、避難されている方々の帰宅の実現、国民の皆さんが安心して暮らせるよう原子炉を安定的にし、放射性物質の放出を抑制するためのもので、関係機関や各国の協力の下で全力で取り組む」と述べました。
また、事故調査委員会の設置について「政府の統合本部とやりとりしており、まずは外部の専門家を入れた準備会合を立ち上げて、それを調査委員会にしていく方向で検討している」と述べました。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。