中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

浜岡原発、全面停止へ…首相が中部電力に要請 ・・・テスト勉強中に部屋掃除を始めるほど「やるべきことをやらない菅」

浜岡原発、全面停止へ…首相が中部電力に要請
(読売新聞 5/7付)

菅首相は6日夜、首相官邸で記者会見し、中部電力浜岡原子力発電所(静岡県御前崎市)のすべての原子炉の運転停止を、海江田経済産業相を通じて中部電力に要請したと発表した。

理由として、静岡県を中心とする東海地震の発生確率が高いとされる中、防波壁の設置など津波対策強化の必要性を指摘した上で、「国民の安全と安心を考えた。重大な事故が発生した場合の日本社会全体の甚大な影響もあわせて考慮した」と説明した。中部電力も首相の要請を受け入れる方向だ。

浜岡原発は、4、5号機が稼働中。点検のため運転を停止中の3号機は、東日本大震災の影響で運転再開を延期していた。1、2号機は運転を終了している。経済産業省原子力安全・保安院は6日、浜岡原発の防波壁など津波対策の実現には2~3年かかるとの見通しを示した。

首相は、浜岡原発が東海地震の震源域内にあることを指摘した上で、「文部科学省の地震調査研究推進本部の評価によれば、30年以内にマグニチュード8程度の想定東海地震が発生する可能性は87%と極めて切迫している。防潮堤の設置など、中長期の対策を確実に実施することが必要だ」と強調した。中部電力への停止要請については「指示、命令という形は現在の法律制度では決まっていない。中電に理解してもらえるよう説得していきたい」と述べた。

・・・テスト勉強中に部屋掃除を始めるほど「やるべきことをやらない菅」
「私は原発に詳しいんだ」と、福島第一原発事故の収束作戦にしゃしゃり出た割りに、結局、現場で踏ん張っている方々以上の好転案を出せなかった菅首相。とっくに、彼が言う「原発に詳しい」という程度は素人に毛が生えたぐらいのものであり、現在も福島第一原発で陣頭指揮を執っておられる吉田所長に遠く及ばないことは、明確になっています。

その菅首相が、閣議に諮るでもなく、思いつきで打ち出したのが「浜岡原発、全面停止」。

この菅直人という人物は、一体、どういう思考パターンをしているのでしょうか? 確かに浜岡原発は太平洋側にあり、東海・東南海・南海沖地震が起きれば、福島第一原発と同じような事故を起こすかもしれません。その地震も、数秒後に起こるかもしれません。

しかしだからと言って、「即時、浜岡原発を全面停止」というのは、短絡過ぎはしないでしょうか?

鮎滝には、「これ以上は、自分の手に負えない。だから、事態をややこしくする危険のあるものを排除し、少しでも簡素にしたい」という、人間・菅直人の『弱さ』、問題解決能力の低さが見えてきてなりません。そしてその『弱さ』に、「やるべきことをやらずに、やらなくていいことばかりをする」幼稚さ。テスト前日までテスト勉強に追われた末、テスト勉強をそっちのけで、部屋の大掃除を始める学生のような幼稚さを感じてしまいます。

浜岡を止めることは、日本国経済停滞の助長
言うまでもなく、浜岡原発が電力を供給している中部地方は、「日本国の製造業の集積地域」です。中部地方は「日本国の工場」であり、「日本国の富の源泉」であるわけです。

そんな地域へ電力供給危機を引き起こせば、日本国の製造メーカーの生産・供給不安を招き、世界製品市場においてたちまち窮地に立たされます。問題はそれだけに止まらず、体力のある企業なら日本国を捨てて海外へ避難し、大量の失業者を生む雇用不安にまで波及。将来不安を感じた労働者兼消費者はモノを買うのを控えるようになり、日本国経済の停滞をますます助長するだけです。

この程度の思考樹形図は、誰でも連想できるのではないでしょうか?

やるべきことは、部分最適ではなく全体最適の追究
浜岡原発の全面停止は、「東海・東南海・南海沖地震対策」として一応の部分最適の解ではあります。しかしあくまで部分最適であって、全体最適を満たすものではありません。

日本国首相と言えば、日本国全体を見渡せる権限を持った立場にあるわけで、日本国首相がやるべきことは全体最適の追究でなければなりません。決して、部分最適を見出したぐらいで満足してはならない立場が、日本国首相という職分です。その思考は、「具体的現象から出発した抽象論を経て、具体的対応策に落とす」という苦しい思考実験の繰り返しになります。

全体最適を目指すべき、日本国首相がやるべきこととは何か?
それは、今回の福島第一原発事故を受けて、より高度な耐震・津波対策基準を一刻も早く数値目標で提示すること。その計画実行と完遂を早めるべく、各電力会社に呼びかけるだけでなく、政策的支援策を用意することです。また他にも、非常に安直に考え出せる全体最適の解として、「東西の電気周波数を50Hzに統一する」というものがあります。

それらを避けて避けて出した答えが「浜岡原発、全面停止」。東日本大震災という国難にあって、困難な解答から逃げる人物は、リーダーとは呼べません。正直、菅直人氏には首相の座から降りていただきたいものです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。