中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「震災がれき」広域処理 政府が全国自治体に処理を要請する文書 ・・・自分のところの職員に線量計を持たせて、宮城・岩手へ行ってこいよ

「震災がれき」広域処理 政府が全国自治体に処理を要請する文書、6日が回答期限
(フジテレビ系 4/6付)

東日本大震災で発生した「震災がれき」の広域処理に関して、政府が全国の自治体に対して処理を要請する文書の回答期限が、6日となっている。

被災地には、がれきが積み重なった仮置き場や、いまだに解体されずに現場に残された家屋などが多くあり、広域処理が加速することになるのか、回答結果が注目されている。

宮城・石巻市のがれき一時仮置き場には、現在も、高さ15メートル以上、がれきが積み重なっている。
宮城・石巻市では、およそ616万トンの震災がれきが発生しているが、そのうち仮置き場に置かれているものは、全体の49%にとどまっており、いまだに解体されていない家屋などが多く残されている。
石巻市災害廃棄物対策課の鎌田清一課長補佐は「広域処理が進まないと、本当に10年とか15年かかりますんで、できれば広域の方で処理できるように、安全性とかを、そのへんはPRしていかなければならないと」と話した。

震災がれきは、宮城県・岩手県・福島県あわせて2,246万トン発生しているが、処理が終わっているのは、8.1%にとどまっている。
そのため、広域処理に関して政府は3月、全国の自治体に対して、4月6日を回答期限とした要請文書を送付していた。
細野環境相は「安全性の問題ももちろんありますけれども、さらに具体的に処理を進めるうえで、どういった形で自治体の皆さんにですね、要請をしていくのがいいのかということが一番大事ですので」と述べた。

・・・自分のところの職員に線量計を持たせて、宮城・岩手へ行ってこいよ
まったく、いつから放射線汚染区域=東北3県に拡大したのでしょうか?

広域処理に出しようがないのは、唯一、福島県(しかも東部の一部)だけであり、宮城・岩手の震災がれきが放射能に汚染されているという話しは、まったく見たことも聞いたこともありません。
確かに福島県東部の震災がれきは、福島第一原発の跡地となる辺りで、地層処理をする他ないでしょう。他へ持って行けないがれきですから。しかし、宮城・岩手まで十把一絡げに語る、広域処理反対派住民の言動は異常です。

日本国政府の発表に満足できないなら、自分のところの役所職員に防護服を着せて、線量計をもたせて現地で放射線を計ればよいでしょう。間違いなく防護服を着て現地に着いた時点で赤面するほど、浮きますけどね。線量計も、一般人に何ら影響のない値を示し、さらに真っ赤になることうけあいです。

「ねぇ、宮城・岩手そして福島の警戒区域外でボランティア活動をしてくださった皆さん?」
「ねえ、今度のゴールデンウィークの予定を、被災地ボランティアで埋めている皆さん?」

元来、情報は聞いてくることではなく、拾ってくる物。職員の現地派遣ぐらい済ませて、初めて情報収集という仕事を果たしたことになるわけで、国の説明不足を言い分に回答していない自治体は職務怠慢に見えます。

「放射能を拡散させるな!」と声高に叫んでいる市民団体には、こう問わざるを得ません。
「あなたは、いつからアメリカ人のように、日本の都道府県を区別なくザックリと見ているんですか?」
福島県と宮城・岩手を一緒にするなど、アメリカ人並みに日本地理を知らない人間の思考です。

宮城や岩手へ普通にボランティアで入っていく人たちが居ることを知りながら、震災がれきの広域処理を平気で拒否する人々。科学的思考、客観的判断というものができているのか疑いたくなります。

日本全国の首長さん。数千、数万、数十万の有権者代表ですよね? ならば代表らしく、政治的決断をしてはいかがですか? 科学的かつ客観的に。

ようやく、TOYOTAと中部電力が、広域処理受け入れの検討を始めた愛知県民より。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。